夏休みとおばあちゃん


夏休みに、

おじいちゃん、おばあちゃんの家に泊りに行くのが好きだった。

おじいちゃんに釣りに連れていってもらったり、

木工を教えてもらったり、

おばあちゃんに畑でとれたスイカをもらって縁側で食べたり。

とりわけ、よる寝るときに、

おなかが冷えないように、腹巻をしてもらい、

おばあちゃんに昔ばなしをしてもらいながら寝るのが好きだった。

おなじ「ももたろう」の話を何度もおねだりしたりした。

その頃の僕は、おばあちゃんがいつか死ぬとは、一欠片も考えたことがなかった。

おばあちゃんは、永遠に昔ばなしをしてくれるものだと信じていた。




そのおばあちゃんは、夏から体調を崩し、

年末に亡くなった。

大晦日が、お葬式になった。

皆の帰省に合わせてくれたんだね。




たまたま一眼レフを持っていた僕は、通夜と葬式のカメラマンを頼まれた。

叔母の提案であろう、

ひ孫たちが、お手紙を書いてきた。

th_DSC_2886.jpg
Nikon D3S AF-S NIKKOR 24-70 1:2.8G ED

th_DSC_2889.jpg
Nikon D3S AF-S NIKKOR 24-70 1:2.8G ED

th_DSC_2890.jpg
Nikon D3S AF-S NIKKOR 24-70 1:2.8G ED

th_DSC_2893.jpg
Nikon D3S AF-S NIKKOR 24-70 1:2.8G ED

th_DSC_2894.jpg
Nikon D3S AF-S NIKKOR 24-70 1:2.8G ED

th_DSC_2895.jpg
Nikon D3S AF-S NIKKOR 24-70 1:2.8G ED


夜風のつめたい深夜、そんな夏休みのひとこまを思い出して、

ひとりで泣いた。

おばあちゃん、

おばあちゃん、

ありがとうね。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

profile

そーすけ

Author:そーすけ
フライフィッシングと自然あそびが好きなあまり、東京ベースから北海道ベースに移行中。のんびりがいーねっ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる